Service

当センター(TIC)は、日本企業及び事業者・研究者に対して、中国を中心とした海外市場における事業展開、進出、合弁、事業移管等における連携促進を行うと共に、ビジネス環境を整備し、経済・経営の発展と活性化を図り、日本の地方創生を含む経済貢献、社会貢献、国際交流に寄与すること目的として事業展開しています。

About

 
◆東京
株式会社日本TIC
(Technical Incubation Center Japan )
〒107-0061

東京都港区北青山1-4-5 
VORT青山一丁目5F (ADX内)
資本金 5,000万円
会   長 澤辺 清 
代表取締役 藤田 亮  

 
◆上海市
中国TIC
(关于上海旦瀛信息技有限公司之合合同)
資本金 6,666 RMB (≒11億2千万JPY)

 
◆塩城市
塩城TIC展示センター 
江蘇省塩城市(経済開発特区・自由貿易区・保税区 内)

 

 

 

-事業目的-

・企業等の海外市場への展開に関する企画立案及びコンサルティング業務
・プロジェクトファイナンス組成支援及びプロデュース事業
・環境、エネルギー、バイオテクノロジー、機械工学等の技術評価に関する調査研究および普及事業
・先進医療技術、医療機械等の市場調査及び導入支援と普及事業
・中国をはじめとするアジア諸国への技術移管、互恵的国際交流による共同事業の推進支援
・その他当法人の目的を達成するために必要な事業

 【日本TIC会長・中国TIC代表のご紹介】

欧盟中国(外交部) 技術・金融高級顧問 澤辺 清氏
中国追遡委員会(国家質量監督検疫総局)日本首席顧問
 
日本の有名な有機化学、石油化学及び水処理分野等の専門家。
日本技術専門家として、長年中国での日本の先端技術検証を行っている。
日本の最新の技術を基礎にして、中国の環境に適応した技術をアップグレードし、研究開発及び産業化を実現した。
澤辺博士は長年の日本企業での経営経験が有り、40社余りの中日創業及びIPO企業に企業コンサルティングを提供し、現在はEU中国経済委員会の高級技術顧問、検疫総局の首席顧問などを兼任している。

(主な学術研究)

台湾:新竹水利研究所 
(1980-1982)
研究方向:水处理,淡水鱼の陸地養殖孵化,ミネラル水浄化
日本:中小企業庁    
(1982-1986)    
研究方向:半導体製造、純水処理
韓国:産学協同事業体
(1994-2002) 
研究方向:鉱物の電磁波のデータ化マイクロ波の人体への影響
中国:社会科学院    
(2006-2008) 
研究方向:環境技術評価(低炭素スマートシティ)
研究発表:              
(2005-2014)
放射能鉱物の石油などのピッキング影響、
微生物分解及び土壌への影響
重合化合物の構造研究 
教育指導: 日本大学(応用有機化学)、 MEC(半導体)、社会科学院
(城市発展研究会:低炭素スマートシティ)

 

Access

株式会社日本TIC
東京ヘッドオフィス
 
〒107-0061
東京都港区北青山1-4-5 
VORT青山一丁目5F (ADX内)
 
 
 
 
 
 
 
 
 


お問い合わせ

TIC JAPAN